• ホーム
  • 新しい子供を授かるための妊活にED対策の防止薬

新しい子供を授かるための妊活にED対策の防止薬

EDの問題と妊活失敗の結果は、密接に関係しています。
昨今、妊活に励むカップルが各地で増えて来ました。
共働き家庭にとって、なかなかセックスを機会を得るのは困難です。
セックスをしたいが機会に恵まれない、あるいは男性側の性機能が低下している、
そういった事情から妊活を始める家庭の姿も目立ってきました。

また既にお子様が家庭にいらっしゃる場合、セックスに充てる時間が更に減ります。
子どもが寝静まったタイミングを見計らってペニスを勃起させ、
そのままセックスに励む、それはなかなか手際よく進められる作業ではありません。
ED気味な旦那様にとって、勃起を始めるだけでも一苦労、
そこに時間的な制約が加わっては非常に妊活が大変になります。

ただ最近では勃起不全に効く防止薬が広く普及し始めています。
妊活に励むカップル、あるいは第二子を期待するご夫婦はED治療薬を積極的に使い始めているのです。
長男一人だけでは寂しい、どうせなら二人目は娘が欲しい、そういった希望を持つ夫婦も世間には少なくありません。

長男を寝かしつけた後、防止薬を服用すればED気味な旦那様でも、30分から45分の間に、十分な勃起力を得られます。
防止薬の効力はおよそ4時間以上、最大で6時間から8時間程の維持が見込めます。
その間にセックスを繰り返す事で妊活が効果的に進められますので、
第二子として娘を授かりたい、といった夫婦の夢が叶えられるでしょう。
妊活の成功率はそのままセックス頻度に比例します。
ただ防止薬の効果はあくまで自然な勃起を促す作用に限定されますので、
精子の量が増える、妊娠率が増えるといった効果はありません。
充実した精子の量を確保するためには、普段の食事が大事ですので、
娘を期待する方々は精の付く料理を日常的に摂取しましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧