• ホーム
  • ED発症率が高くて休みがちなときは?

ED発症率が高くて休みがちなときは?

旦那のED発症率が高くなり、性行為の頻度が減ってきたら注意が必要です。
勃起不全を意識しているから、休みがちになるのかもしれません。
ペニスの硬さは男性自身が敏感に感じ取っています。
女性はあまり気にしていなくても、男性は勃起力の低下を手に取るように実感できますし、勃起力が低下するほど快感も弱くなるのでSEXに対する興味も薄れていきます。
女性には興味があっても、ペニスが思うように立たなければ、男性としてはSEXを回避したいと思うことが多いのです。

そんなときは、さりげなくED治療薬を勧めてみるのがいいでしょう。
自分に対して興味を持ってくれているなら、ED治療薬で勃起力を高めればSEXの頻度は増えるはずです。
勃起不全以外に原因がある場合は効き目が弱いですが、試してみる価値はあります。
特に30代になると生活習慣病も増えてくるため、EDが発症するのはめずらしくありません。
肥満で血液はドロドロなのに、ペニスだけ元気であるほうが不思議でしょう。
血液は全身を巡っているので、一部位だけ血流がドロドロになったり、サラサラになったりすることはありません。
ペニスの立ちが悪くなったら、血液がドロドロになっている可能性が高いのです。

ED治療薬を服用してもEDの発症率が高く、休みがちな状態が改善しないならば、プレイを見直すなどの対策も必要でしょう。
ワンパターン化して毎回同じ流れだと、人間は飽きてしまうものです。
何度も見ている映画は結果がわかるので、ドキドキ感も興奮もなくなるでしょう。
それと同じような状況がSEXでも起こるのです。
先が読めるプレイでは飽きてしまうので、たまには変わったプレイも取り入れてみましょう。
アダルトグッズを使用したプレイは、マンネリを打破するために役立ちます。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧